こいくれない

カタチの代わりに、
美味しさと健康を

カラダが恋する野菜「こいくれない」

「こいくれない」は、トマトで有名な“リコピン”を特徴とするニンジンです。
「こいくれない」というなまえはNKアグリの管理により栽培されたニンジンの商標です。2015年10月から全国での流通を始めました。

  • 露地野菜で初めての栄養機能食品に!

    2016年11月より流通する2016年度産のこいくれないより、露地野菜で初めての栄養機能表示(ビタミンA)を行います!通常の露地栽培では天候変化や地域性等による変動を理由に、成分のばらつきを抑えることがむずかしいとされていたものを、数年にわたる栽培条件、環境因子に関する研究とIoTを使った管理によって実現しました!

  • リコピンたっぷり!

    カロテンはもちろん、一般のニンジンにはほとんどないリコピンが豊富に含みます。

  • 甘い!

    甘みが強いのが特徴で、油との相性も抜群!

  • 紅い!その名の通り、濃い紅色が特長

    濃い紅色はリコピンたっぷりの証。より美味しい野菜づくりに日々取り組んでいます。

2015年度収穫分のβ-カロテン及びリコピン含有量

2015年度収穫分のβ-カロテン及びリコピン含有量
(平均値、分析依頼先:(一財)日本食品分析センター)

すべてはリコピンのために

すべての品質基準を美味しさとリコピンなどの成分の為に定めています。

特別な品種です

「こいくれない」は金時人参と西洋人参の交配種で、リコピンを含みやすい品種を使っています。でもその分、ずいぶんつくるのが難しく収穫出来る量や見た目の揃いという点では通常のニンジンに随分おとります。見た目か中味か。我々は中身を選びました。

こいくれない

最適な収穫時期をIoTセンサーから得られるデータを解析して決めています。

こいくれないニンジンの"旬" をとらえるべく、2年間、さまざまな場所や条件で栽培をして、栽培期間中の環境条件とサイズやリコピン、β-カロテンなどのカロテノイド量の関係についての研究をしてきました。いまはITを使って、獲り時を予測する仕組みを作り、最適な時期に収穫できるようにしています。

IoTセンサー

出荷場でリコピンを色で選別しています

普通の選別作業の基準は“まっすぐさ”や“シミがあるか”、などの見た目がメインですが、われわれの選別基準では“リコピン色”かどうかを重要な視点としています。

リコピンを色で選別

こいくれない専用の非破壊リコピン測定器があります

成分を表示して販売するためには、高い栽培精度に加えてその結果がしっかりとしたものになっているかの検査体制をつくることも重要です。われわれは筑波大学と共同でこいくれないのリコピン量を非破壊で測定するシステムを構築し、抜き取り検査法として現場に実装しています。

リコピン測定器

総務省主催の「地域情報化大賞2015」において地域サービス創生部門賞」を受賞!

「こいくれない」に使っている品種は非常に"旬"が短く、一つの地域で収穫できる期間が1ヵ月ほどしかありません。NKアグリでは「こいくれない」を長期間出荷できる体制を作り、全国規模の流通を実現するため、2015年度から全国7箇所の農家との提携を開始しています。"旬"を予測するセンサーで収穫時期を予測し、提携農家さんには、この予測を基に、収穫時期のお知らせや栽培に関する助言をすることで2016年現在では7都道府県で約50人の提携農家さんが栽培し、約6ヵ月の流通期間を確保しています。この「こいくれない」を通した地域連携の取組みは、ブランド野菜の提供を通じた地方創生の模範的な事例としてご評価いただいています。

リコピン測定器
こいくれない

リコピン人参「こいくれない」

「こいくれない」は有用成分・味・色において違いがあります!
カロテンはもちろん、一般の人参には殆ど無い
リコピンが豊富に含まれております。

こいくれない

出荷スケジュールと生産地

  11月 12月 1月 2月 3月 4月
北海道                                
青森県                        
茨城県                      
千葉県                      
熊本県                        
宮崎県                    
鹿児島県                  
NKアグリの野菜が買えるお店